オフセット印刷(平版印刷)のしくみ

オフセット印刷について解説いたします。

オフセット印刷のしくみ
左 中央 右

用語解説

印刷の4大方式
印刷方式は主に下記の4つに分けられます。
凸版印刷 ハンコのような凹凸のある版を作り、凸部にインキをつけて紙に転写する方法(活版印刷)
凹版印刷 印刷版の凹んだ部分にインキをつけて、紙に転写する方法(グラビア印刷)
孔版印刷 版に孔をあけ、その孔を通してインキを紙に転写する方法(シルクスクリーン印刷)
平版印刷 印刷の版面にほぼ凹凸がないのが特徴で、複数の転写工程を経てインキを紙に転写する方法(オフセット印刷)
オフセット印刷(平版印刷)とは
現在では書籍印刷から商業印刷まで幅広く使用されている、一番ポピュラーな印刷方式です。オフセット印刷にはPS版と呼ばれる凹凸のない薄いアルミ製の版(印刷の元となる板)が使用されます。この版の表面には感光剤が塗られており、感光させて現像すると「水をのせやすい部分」と「水をはじく部分」ができるように加工されています。この版を水で濡らした後にインキをつけると、水と油(インキは油です)が反発しあい「水をはじく部分」にだけインキが残ります。オフセット印刷はこの性質を利用して印刷を行います。
オフセット印刷は他の印刷方式(凸版、凹版、孔版)とは大きく違う特徴があります。他の3方式は版から直接紙に印刷するのですが、オフセット印刷は版についたインキを一度ゴムをまきつけたローラー(ブランケット胴といいます)に移し、そのローラーから紙にインキを転写するという方式をとっています。版についたインキをローラーに移す(剥がす)ことを「オフ」する、ローラーからインキを紙に移して転写することを「セット」といい、この工程を経る印刷方式なのでオフセット印刷といわれるようになっています。
版(PS版)
アルミで出来た印刷に使用される板。表面に感光剤が塗布されており、感光すると親水性と親油性に分かれるように加工されている。
版胴
PS版を取り付けるためのローラー。取り付けた版に、水ローラーとインキローラーを介して印刷面にインキがつく。
ブランケット胴
ゴム樹脂製のブランケットをまきつけたローラー。このブランケット胴に版のインキを転写し、さらに印刷用紙に転写を行う。
圧胴
印刷用紙をブランケット胴に密着させるためのローラー。印刷機械によっては、圧胴のかわりにブランケット胴が上下2つになっているものもあり、一度に両面を印刷できるようになっている。
水ローラー
版に水をつけるためのローラー。水は湿し水とも呼ばれている。
インキローラー
版にインキをつけるためのローラー。実際には印刷機械の内部でインキを練るための「練りローラー」や、インキを版につけるための「着けローラー」などに分かれている。インキの種類は印刷方式によって使用するものが異なり、ペースト状や液状のものなどがある。