製本のしくみ

主な製本様式について解説いたします。

製本
左 中央 右

用語解説

印刷所で印刷された刷本(印刷された紙のままのもの)は、製本所に搬入されて最終的に本の形に整えられます。辞典、単行本、雑誌、カタログなどの用途によっていくつかの製本様式に分かれており、目的にあった製本様式を選ぶことで、読みやすさや保存性などの製品の質を高めることができます。
上製本(じょうせいほん)
ハードカバーとも呼ばれており、辞典や単行本などにみられる固い表紙でできている本を指します。刷本を糸で綴じるものや接着剤で固めるものもあります。背の部分には寒冷紗(かんれいしゃ)というガーゼのような布や、スピン(しおりの紐)などを貼り合わせて補強し、最後に外側を固めの表紙で覆って仕上げます。この製本様式は耐久性が高く、長期の保存に適しています。背の部分は主に2種類あり、丸みをつけた丸背製本と、背の部分にも固い紙を使用した角背製本があります。
並製本(なみせいほん)
上製本のハードカバーという呼び方に対して、ペーパーバッグと呼ばれており、文庫本や新書、雑誌等にみられる軟らかい表紙でできている本を指します。上製本と比較して安価な紙などを使用し工程も少ないため、製本にかかるコストを下げることができますが、耐久性はやや落ちます。
製本の綴じ方については何通りかの種類があります。次ページで詳しく紹介します。