面付けのしくみ

面付けのしくみについて解説します。

図1

用語解説

書籍などの印刷はページを1ページずつ印刷していくわけではありません。印刷・断裁・製本加工の工程を考慮して、原紙(四六判・菊判・A判・B判など)に32ページ、16ページ、8ページといった単位でまとめたものを印刷機で印刷していきます(このページ数は印刷機・製本の種類によっても異なります)。こうして印刷された原紙を決められた折り方で折っていくと、ページ順がきちんと通ります。
図2
面付けとは
図1のように正しくページが並ぶように配置する作業のことを面付け(めんつけ)といいます。面付け作業は過去には手作業で行われていましたが、現在ではパソコンなどの自動面付けソフトを使用して作業をするのが中心となっています。こうして面付け・印刷された原紙を折った状態のものを「折丁(または折本)※図2」といい、これを束ねて一冊の本に製本します。
背丁・背標とは
面付け作業を行う際に重要なのが、背丁を入れることです。背丁とは製本工程において乱丁や落丁を防ぐために、各折丁の背の部分に刷り込む文字と記号です。文字は書名や折丁の順番を示す数字のことで、●や■などの記号も刷り込みます。この記号は背標とよばれるもので、折を正しい順番で並べると階段状に記号が並びます。製本時にこれを目印とすることで乱丁や落丁を未然に防ぐことができます。
図3