画像データ作成手引き

EPS形式

EPS保存形式

EPS形式とは、エンキャプサレイティッド・ポスト・スクリプト(Encapsulated Post Script)の略で、ビットマップデータとベクターデータを含むことができ、印刷業界などで一般的に使用されています。Adobe社製の画像処理ソフトウェアなどで作成が可能で、保存されたEPSは、作成時のイメージと同じ状態のまま、レイアウトソフトウェアなどに貼り付けられます。

以下にAdobe PhotoshopによるEPS形式の保存方法を記載しました。データ作成の参考にしてください(※Mac版を使用)。

まず、Adobe Photoshopメニューバー左上の「ファイル」→「別名で保存」、フォーマット「photoshop  EPS」を選択します。

EPS保存形式:別名で保存

EPS保存形式:フォーマット選択

「保存」をクリック後、EPSオプションが表示されます。@グレースケール・カラーと、Aモノクロ2階調では設定項目が異なりますので、ご注意ください。

@グレースケール・カラーでは、プレビューを「Macintosh(8bit/pixel)」、Windows版では「TIFF8bit」、エンコーディングを「JPEGー最高画質」にして保存します。

EPSオプション:グレースケール・カラー

Aモノクロ2階調では、プレビューを「TIFF(1bit/pixel)」、エンコーディングを「バイナリ」にして保存します。

EPSオプション:モノクロ2階調

営業日カレンダー

(赤色は休業日です)

スマートフォン
スマートフォン