書籍・印刷用語集

網点(あみてん)


写真や原画の濃淡を印刷時に表現するために使用するドット(小さな点)の集まりのこと。網点同士の間隔や、ドットの大小によって色の濃淡を表現できる。




網フセ(あみふせ)


文字や図版、表の囲みの中に指定されたパーセントで平網(均一な濃度の網点)を入れること。




赤字(あかじ)


校正刷りに書き込まれた訂正の指示のこと。赤ペンで書き込まれることに由来して赤字と呼ばれている。誤字・脱字の訂正、組版レイアウトの訂正、写真や色の訂正など、赤字の内容は多岐にわたる。




後付け(あとづけ)


書籍の本文ページの後ろに入る、索引・奥付・広告ページなどのこと。→前付け




青焼き(あおやき)


製版フィルムを使用し専用の感光紙に絵柄を焼き付けたもので、仕上りの簡易見本となるもの。面付けや中身を確認する校正作業に使われる。感光して絵柄が青くなることから青焼きと呼ばれている。




アジロ綴じ(あじろとじ)


無線綴じの一種で、折丁の背の部分にミシン目のような切り込みを入れ、そこに糊を塗布して浸透させ接着する方法。




アウトライン化(あうとらいんか)


アウトライン化とは、フォント(文字)をパスと呼ばれるポイントで結んだ図形オブジェクトに変換すること。Adobe Systems社の「Illustrator」に備わっている機能の一つ。




アウトラインフォント(あうとらいんふぉんと)


アウトラインフォントとは、点の座標とそれを結ぶ線によって描画される文字のこと。文字の輪郭となる線が演算によって表現されるため、ビットマップフォントとは対照に拡大縮小の影響を受けずに自然な曲線で表示・印刷ができる。→ビットマップフォント




アート紙(あーとし)


印刷に使用される用紙の一種のこと。上質紙や中質紙の表面に塗料を塗り、光沢機で加圧してコーティングした高級紙のこと。アート紙は両面で約40g/m²の塗料が塗られており、コート紙よりも平滑度が高く色の再現性に優れているため、美術書やポスター等に使われている。→コート紙




アンチエイリアス(あんちえいりあす)


アンチエイリアスとは画像の輪郭部分に発生するジャギー(ピクセルのギザギザ)が目立たなくなるように、グレーなどの色で輪郭を補正して滑らかに見えるように処理すること。アンチエイリアシングともいう。→ジャギー





糸綴じ(いととじ)


丁合された折丁を一折ずつ糸で綴じ合わせること。本が開きやすく耐久性があるため、辞書等の厚い書籍や上製本などで使われている。=糸かがり




イメージセッター(いめーじせったー)


製版用の印画紙やフィルムなどの感材に対し、レーザーを使用して感光させることで、線画や網点等を出力する機械(プリンタ)のこと。現在ではプレートセッターと呼ばれる刷版出力専用機を使った、CTPでの製版工程が中心となっている。




インキ(いんき)


印刷全般に使用されるインキ(インク)のこと。印刷用のインキは色の元となる顔料と、ビヒクルと呼ばれる顔料を付着させる溶剤、その他の添加物を合わせて作られる。印刷の方法や使用する材料によってインキの種類は異なってくる。最近では環境に考慮した大豆油インキや植物油インキが使われることが多い。




印画紙(いんがし)


表面に感光材が塗られた用紙のこと。写真のネガフィルム、または製版用のフィルムを使用して絵柄を焼付け、現像して画像を表現する。




色校正(いろこうせい)


実際の印刷を行う前に、写真や図版などの色が正しく再現できているかを、印刷見本で事前に確認する作業のこと。印刷見本は主に印刷品質の管理や、仕上りに対するお客様の了承を得る目的で使用される。




色分解(いろぶんかい)


カラー原稿またはカラーデータの色情報を、印刷で使用するCMYK(プロセスカラー)の4色の成分比にそれぞれ分けること。分解された画像をもとに4版のフィルムやプレートを出力し、印刷時にこの各色版が刷り重なることによってカラーが表現される。




色見本(いろみほん)


印刷時に色を合わせるための参考となるもの。印刷物や様々な種類の色を集めた色見本帳などのこと。




一部抜き(いちぶぬき)


印刷開始後に印刷物を抜き取り、品質の確認を行ったもの。一冊分に揃え、再度チェックをしたのちに、顧客に提出して検閲をうける。その後、一定期間は保管しておき、トラブルの際はこれをチェックして問題を特定する。





エンベット(えんべっと)


ファイルに文字(フォント)や画像等を埋め込むこと。印刷において使用するファイルは出力時のトラブルを避けるため埋め込みをして使用する。





奥付(おくづけ)


書籍の巻末に、書名・著者・発行者・価格出版年月日などを記した部分のこと。「○版○刷」など、重版や改版を重ねた場合も「奥付」に記載される。




折丁(おりちょう)


印刷された用紙を製本するために折ったもののことで、これを束ねて一冊の本に製本する。4ページ、8ページ、16ページ、32ページ等のページに分かれており、本の中身を表す1つの単位となっている。




帯(おび)


本のカバーや函に巻き付ける細長い用紙のことで、腰巻と呼ばれることもある。本の紹介や推薦文などが入り、表紙との関連性・宣伝を目的としたデザイン・レイアウトがなされる。




オフセット印刷(おふせっといんさつ)


印刷版のインキを一度ゴムブランケット胴に転写し、そこから再度インキを紙に転写する印刷方式のこと。オフセット印刷と平版印刷は同様の意味で使われている。




凹版印刷(おうばんいんさつ)


印刷版の凹んだ部分にインキをつけて、強圧着して紙にインキを転写する印刷方式のこと。




オンデマンド印刷(おんでまんどいんさつ)


オフセット印刷で必要とされる、印刷用のプレート(刷版)出力等の製版工程がなく、校了データを出力機に直接転送し出力を行う方法のこと。印刷インキを使用せず、トナー方式やインクジェット方式の出力機(高精細なコピー機のようなもの)を使用する。工程が短縮されるので、受注があった場合に少部数を高速・低コストで印刷する事が可能。





階調(かいちょう)


色の濃淡の段階のこと。印刷物の場合ハイライトからシャドーまでの濃度の段階を指す。この階調が多ければ多いほど色調が滑らかに表現できる。




角背(かくぜ)


上製本の背の部分の製本様式のこと。背の部分にボール紙を入れて表紙を貼り、平らに加工されたもの。




角版(かくはん)


写真原稿を長方形や正方形の状態でトリミングして使用すること。




活版印刷(かっぱんいんさつ)


凸版印刷の一種で、鉛で出来た一つずつの活字を組み合わせた版を使用して印刷する方法。




カーニング(かーにんぐ)


組版において、文字の間隔を調整して印刷物の可読性を上げる方法のこと。「詰め組み」とも呼ばれる。DTPでは固有の文字幅情報を持たせた書体(プロポーショナルフォント)を用いて組版ソフト上で自動的にカーニングを行うことができる。




解像度(かいぞうど)


解像度とは、1インチ(25.4mm)あたりにいくつのピクセル(ドット)が並ぶかという画像密度のこと。単位はdpi・ppi・lpiの3種類がある。dpiはdots per inchの略で、スキャナやプリンタ等での入力・出力精度の解像度を表す単位。ppiはpixels per inchの略で、画像解像度を表す単位。lpiはline per inchの略で、1インチあたりの網点の密度を表す単位となる。




カバー(かばー)


書籍の表紙を覆う紙のこと。表紙の保護と装飾等のデザインが目的となる。特殊な紙を使用したり、箔押し等の加工を施して表現されるものもあり、本の顔とも言えるもの。




カラーマネジメント(からーまねじめんと)


モニター・スキャナー・プリンターなどの異なる機器ごとの色の特性を補正・統一して管理するシステムのこと。ICCプロファイルという色の特性が記述されたファイルをもとに色変換を行い、モニターで表示される画像の色と、プリンターでの出力物の色を一致させるなど、色合わせのしくみそのものを指す。=カラーマッチング





キャプション(きゃぷしょん)


写真や図版・表組の下部に表記する説明文のこと。本文の文字の大きさよりやや小さくして組込まれる。




脚注(きゃくちゅう)


本文の補足説明となる注釈のことで、本文の流れとは別にそのページの下部に配置する組版方法のこと。本文中に番号を入れ、その番号に対応する説明がページの下部に入る。




切り抜き(きりぬき)


写真やイラストの中で必要となる部分だけを切り抜いて使用すること。画像データにおいてはPhotoshopなどの機能を使用して切り抜きを表現する。




逆丁(ぎゃくちょう)


縦組の本の中で、後付けとなる索引などが横組で入る場合に、巻末からページ数(ノンブル)を付けること。




行間(ぎょうかん)


行と行との間隔(空白)のこと。適切な間隔をとることで、本の読みやすさが変わる。




行送り(ぎょうおくり)


本文において、行の中心から次の行の中心までを表す間隔のこと。




禁則処理(きんそくしょり)


句読点や括弧等、行頭や行末に来ると文章が読みにくくなる「約物」を、読みやすく調整する処理のこと。DTPソフトで自動的に処理するのが一般的だが、出版物によりルールが異なることもあるため、手動で行う場合もある。





口絵(くちえ)


書籍の巻頭に挿入する写真や図版のこと。主にアート紙やコート紙などで印刷され、扉の後や本文の前に挿入されることが多い。




くわえ(くわえ)


印刷用紙を印刷機の給紙部分に通す時に、用紙をくわえるように引っぱる爪がかかる所のこと。この部分の用紙の余白のことをくわえと呼ぶ。




グレースケール(ぐれーすけーる)


色の情報を含まない、白から黒までの中間の段階(灰色)を含む階調のこと。コンピューター上の表現では1ビットは白と黒のみの中間のない2値、8ビットは白から中間を含む黒までの256階調など、ビット数により階調の幅が異なる。→モノクロ2階調




グラデーション(ぐらでーしょん)


写真画像等の明るさ暗さや色の濃淡が段階的に変化していく状態のことで階調ともいう。





化粧断ち(けしょうだち)


本の中身などを実際の完成品の寸法に合わせて断裁すること。=仕上げ断ち




ゲラ・ゲラ刷り(げら・げらずり)


印刷物を作成する過程でレイアウトや文字の確認を行うための「試し刷り」のこと。「校正刷り」ともいう。「ゲラ」の語源は英語の校正刷り(Galley Proof)からきている。




下版(げはん)


組版で校了となった版下(組版データ)を次工程(製版・刷版)へ引き渡すこと。製版工程で出力したプレートを印刷に渡すことも下版という。




見当(けんとう)


印刷を行うときの、表裏の刷り合わせ位置(トンボ)の精度のことを指す。





小口(こぐち)


→ノド・小口




孔版印刷(こうはんいんさつ)


画線部のみに孔(あな)をあけ、その孔を通してインキを紙に転写する印刷方式のこと。




校正(こうせい)


原稿や指定と校正刷り(ゲラ刷り)を照らし合わせながらチェックを行い、追加訂正や表記の間違い、誤植などを校正刷りに校正記号を用いて赤字(赤ペン)で訂正をすること。校正の段階に「初校」「再校」「三校」などがある。




コート紙(こーとし)


印刷に使用される用紙の一種のこと。アート紙と同様に紙の表面に塗料を塗り加圧してコーティングした用紙のこと。コート紙は両面で約20g/m²程度の塗工量となっており、アート紙に比べて平滑度が低いため、印刷の効果は若干落ちるが様々な用途に使用されている。→アート紙




校了(こうりょう)


校正を進め、訂正個所がない状態で校正作業が完了すること。→責了





刷版(さっぱん)


オフセット印刷(平版印刷)を行う時に、印刷機に直接取り付けるアルミ製の版のこと。感光剤が表面に塗られており、製版フィルムを密着させて露光し、版を作成する。現像後に感光部分が凸部として残り、ここにインクが付くことで印刷される。




再校(さいこう)


初校での訂正指示に従い、赤字などの修正をした校正(校正刷り)のこと。




刷了(さつりょう)


印刷が終わり、印刷予定枚数を完了した状態のこと。





上質紙(じょうしつし)


コーティングがされてない科学パルプのみを使用して作られた紙(非塗工処理紙)の総称。塗工処理がされていないため表面の平滑度は低く、写真等の再現には不向きだが、書籍の本文、コピーやノートなど広範囲で使用されている最もポピュラーな用紙。




上製本(じょうせいほん)


ハードカバーとも呼ばれており、辞典や単行本などにみられる固い表紙でできている本のこと。中身の刷本を糸で綴じるものや接着剤で固めるものもあり、最後に外側を固めの表紙で覆って仕上げる。背の部分は主に2種類あり、丸みをつけた丸背製本と、背の部分にも固い紙を使用した角背製本がある。→並製本




重版(じゅうはん)


一度刊行した本を、同じ版を使用して再度印刷を行うこと。版を重ねる(繰り返し刷る)ことを指すので重版と呼ばれる。主に本の売れ行き、在庫に応じて追加の受注があった場合に行う。重版時に本の内容に改訂を行う場合もある。




初校(しょこう)


組版後、最初にお客様に見て頂く校正(校正刷り)のこと。




字間(じかん)


文字と文字との間隔のこと。漢字・平仮名・欧文などの間隔を調整することによって、本の読みやすさが変わる。




字送り(じおくり)


本文において、文字の中心から次の文字の中心までを表す間隔のこと。




紙粉(しふん)


製紙工程等で発生する用紙についた粉末状のゴミのこと。印刷機(ブランケット等)に付着するとトラブルの元となることもあるため、細心の注意が必要となる。




仕上り寸法(しあがりすんぽう)


印刷物が断裁されて完成した状態の寸法のこと。




親水性(しんすいせい)


水に対して馴染みやすい性質をもち、水をはじきにくい状態のこと。オフセット印刷(平版印刷)においては、水と油の性質を利用するPS版を使って印刷をするため、重要な要素となる。→親油性




親油性(しんゆせい)


油に対して馴染みやすい性質をもち、油をはじきにくい状態のこと。オフセット印刷(平版印刷)においては、水と油の性質を利用するPS版を使って印刷をするため、重要な要素となる。→親水性




ジャギー(じゃぎー)


ジャギーとは、ビットマップ画像などの輪郭に発生する、ピクセル(ドット)のギザギザのこと。画像解像度によるピクセルの数に左右されるので、低解像度と高解像度の画像ではジャギーの発生具合に大きな違いが出る。→アンチエイリアス





スピン(すぴん)


本についている紐状のしおりのこと。一般的に上製本のみに付いているが文庫本などに使用されているものもある。




刷り出し(すりだし)


印刷機の調整を終え本番の印刷を始めた直後に、刷り始めの何枚かを抜き出したもののこと。見当や濃度のチェックなど印刷状態の確認に使用される。




刷本(すりほん)


印刷が終わった印刷物のことで、製本の作業に移る前の折りや断裁がされてない全紙の状態のもの。




スクリーン線数(すくりーんせんすう)


印刷における網点の精細さを表す単位のこと。写真や濃淡のあるイラストの階調部分は製版工程で網点に置換えられて印刷される。線数とはこの網点が1インチにいくつ並んでいるかという精度のことで、単位は「線」や「lpi」で、「133線」や「133lpi」といった形で使用される。線数が高い(大きい)ほど網点の大きさが小さくなり、精細な表現が可能になる。→網点




筋押し(すじおし)


厚手の紙で出来た表紙などを開きやすくするために、開閉部分にあらかじめ折り筋を入れておくこと。筋付けや筋入れとも呼ばれる。





背丁(せちょう)


製本工程において乱丁や落丁を防ぐために、各折丁の背の部分に刷り込む文字と記号のこと。文字は書名や折の順番を示す数字のことで、●や■などの記号も刷り込まれる。この記号は背標と呼ばれるもので、折を正しい順番で並べると階段状に記号が並び、製本時にこれを目印とすることで乱丁や落丁を防ぐことが出来る。




責了(せきりょう)


「責任校了」のこと。訂正個所が少なく、印刷会社で責任をもって訂正することをお客様が了承のうえで校了とすること。→校了




背継ぎ表紙(せつぎびょうし)


上製本などで装丁上の理由や表紙補強を目的として、平と背の部分にそれぞれ異なる材料を使用し、継ぎ合わせて作る表紙のこと。





装丁(そうてい)


書籍の表紙やカバー等の表装材料、扉・本文ページのデザインに至るまで、本の体裁を整えて製作すること。





縦目(たてめ)


断裁された紙の長い辺に対して、平行に紙の目が流れている用紙のこと。これを縦目と言い、T目やタテ目と表記される。




縦組み(たてぐみ)


文字を縦方向に並べる組版、またはその版面のこと。文字は右上から左下方向に流れるように配置される。小説や新聞などの日本語組版で多く使われている。→横組み




台割(だいわり)


一度に印刷機に掛けられる8頁、16頁などの単位でまとめたものを「台」という。書籍などの総頁数をこの「台」ごとに分けることをいう。




台数(だいすう)


印刷工程の作業単位のこと。通常、書籍などの印刷においては表裏両面を合わせたものを1台として数えるが、工程の種類や使用する版の数、印刷所により台数の定義はそれぞれ異なる。




裁ち切り・裁ち落とし(たちきり・たちおとし)


仕上り寸法での断裁時に無駄な余白がつかないよう、写真や図版を仕上り寸法よりも外側に大きく印刷した領域のことで、断裁時に切り落とされる部分のこと。




ダブルトーン(だぶるとーん)


モノクロ写真やグレースケールの画像を2色のインク(明色と暗色)で刷重ねて表現する印刷方法のこと。1つの原稿より調子の異なる版を2つ作り、これをもとに別々の色で重ねて印刷する。主に単色画像に深みを出すなどの目的で使用される。




段抜き(だんぬき)


複数の段組みにまたがって文字をレイアウトすること。見出しや写真の配置で用いられる。2段にまたがっている場合は「2段抜き」、3段の場合は「3段抜き」などと表現される。




段間(だんかん)


段組みを行った際、各々の段との間の間隔のこと。





地(ち)


→天・地




チリ(ちり)


本の表紙の中で中身よりも大きく出ている余白の部分のこと。中身を保護する役割などがあり、通常は3ミリ程の余白で天・地・小口にそれぞれ均等に揃えられる。




丁合(ちょうあい)


折丁どうしをページ順に揃えて組み合わせる作業のこと。手作業で行う手丁合と、丁合機という機械を使って作業する機械丁合がある。





坪量(つぼりょう)


坪量とは紙・板紙1平方メートルあたりの重さのことで、単位はグラム(g/㎡)で表示される。米坪(べいつぼ)やメートル坪と呼ばれることもある。




付物(つきもの)


書籍のページの中で本文以外のページのことを指す。具体的には凡例・目次・索引・奥付などが付物にあたり、カバーや帯、本に挟まれる売り上げカードなども含まれる。




束(つか)


本の中身の厚さのことで、この寸法をもとにして表紙などが作られる。




束見本(つかみほん)


製本時の本の厚さを確認するために、実際に使用する本文用紙で作成した白紙の本の見本のこと。これを参考に表紙の作成や装丁作業を行う。





天・地(てん・ち)


判型と版面の間にある上(下)方向の余白部分のこと。「ノンブル」や「柱文字」はこの余白に配置することが多い。





トンボ(とんぼ)


印刷工程において見当合わせや表裏の位置合わせを行うための目印のこと。仕上り寸法に断裁するために四隅に付ける角トンボや、天地左右の中央に付けるセンタートンボ等があり、製本作業においても目安となる目印。




透過原稿(とうかげんこう)


写真のカラーフィルムや製版用のポジ・ネガフィルムなど、透過光で画像を認識できる原稿全般のこと。→反射原稿




凸版印刷(とっぱんいんさつ)


ハンコのような凹凸のある版を作り、凸部にインキをつけて紙に転写する印刷方式のこと。




特色インキ(とくしょくいんき)


プロセスインキでは表現できない色を出すため、特別に調合されたインキのこと。金や銀などのメタリックカラー、その他多くの種類がある。→プロセスインキ




トラッピング(とらっぴんぐ)


多色印刷で版ズレが起こっても絵柄の周りに白い隙間が出来ないよう、隣接する部分の色を太らせて重ね刷りをする方法のこと。




トーンカーブ(とーんかーぶ)


Photoshopなどの画像処理ソフトで、明暗やコントラストを補正するときに使用する機能のこと。補正前の階調が入力(横の軸)と出力(縦の軸)の45度の直線になっており、この直線をカーブ状に動かす事で、画像の階調を調整する事ができる。




ドットゲイン(どっとげいん)


オフセット印刷などの印刷工程において、印圧やインキの滲みによって印刷物の網点が太る現象のこと。版の網点の面積率が変化することで、実際の版の状態よりも、印刷物の色が濃くなったりする。




ドブ(どぶ)


→裁ち切り・裁ち落とし





中綴じ(なかとじ)


表紙と中身を丁合し、真ん中のノドの部分を針金や糸を通して綴じる方法。週刊誌等の雑誌やパンフレットは針金で、ノートや絵本等は糸で綴じられる。=背綴じ




投げ込み(なげこみ)


書籍の中身とは別に印刷した、広告や読書カード等を完成した本に挟み込むこと。




並製本(なみせいほん)


上製本のハードカバーという呼び方に対して、ペーパーバッグと呼ばれており、文庫本や新書、雑誌等にみられる軟らかい表紙でできている本のこと。上製本と比較して工程も少ないため、製本にかかるコストを下げることができるが、本の耐久性としてはやや落ちる。→上製本





二丁製本(にちょうせいほん)


天地に2つ面付けされたものを1つの折丁として通常の印刷・製本を行い、最終的に化粧断ち(仕上げ断ち)をする段階で2つに断裁して2冊の本にする方法のこと。





抜き刷り製本(ぬきずりせいほん)


すでに出版された書籍や雑誌などの一部分を抜き出し、別のものとして改めて印刷や製本を行うこと。





念校(ねんこう)


責了になったあとに、念のためにもう一度行う校正(校正刷り)のこと。





ノンブル(のんぶる)


書籍のページ番号を表す数字のこと。縦組み、横組みを問わず、本文以外の余白部分(天・地・小口)に配置されることが多い。




ノド・小口(のど・こぐち)


判型と版面の間にある左(右)方向の余白部分のこと。綴じ側の余白を「ノド」開く側の余白を「小口」という。本を開いた時に読みやすくするため、版面に対してノド側の余白を広く、小口側を狭くする。





版面(はんめん)


本のサイズ(判型)に対して、紙面のなかで文字や図版を配置する範囲のこと。「はんづら」ともいう。書籍で文字や図版をレイアウトする際の基準となる。




柱(はしら)


そのページの書名、章名、節名などを記す見出しのこと。目的の内容の該当ページを探しやすくするため、版面の外に配置される。




版下(はんした)


製版工程で使用する原稿の総称。アナログでの製版作業を行っていた頃は写真や線画を台紙に貼ってレイアウトし版下原稿を作成していたが、現在のDTPではパソコン上でこのレイアウト作業を行っている。完成データを出力したものを版下として扱う場合もある。




判型(はんがた・はんけい)


書籍などの仕上がりの大きさのことで、縦と横の長さの規格を指す。書籍の場合は一般的にA5・A6(文庫本サイズ)・B5・B6・四六判等が多く用いられている。




反射原稿(はんしゃげんこう)


線画やイラスト、印画紙にプリントされた写真など、反射光で画像を認識できる原稿全般のこと。→透過原稿




箔押し(はくおし)


金属製の凸版を加熱し、機械により転写箔を圧力で押し付け、本の表紙や紙器などの表面に文字や模様などの箔(金や銀など)を定着させる印刷加工のこと。




花布(はなぎれ)


本の中身の背の部分に貼付けされる布のこと。本の強度を保つためと装飾を兼ねている。=ヘドバン





平綴じ(ひらとじ)


製本様式の一種で、本のページのノドの部分(背から5ミリ程度)を針金や糸で綴じる方法のこと。ノド側を綴じるので本が開きにくくなり、紙面のレイアウトには綴じる部分の余白を考慮する必要があることや、厚みの制限などがある。




ビットマップデータ(びっとまっぷでーた)


ビットマップデータとは、色のついたドットという点の羅列で画像を表現するデータ形式のこと。ラスタデータとも呼ばれる。写真のような微妙な色あいや複雑な図形を表現したい場合などに適している。




ビットマップフォント(びっとまっぷふぉんと)


ビットマップフォントとは、決められた数のドット(点)の集まりで描画される文字のこと。データが単純なため高速な処理・表示が可能だが、拡大するとジャギー(ドットのギザギザ)が出てしまう。以前のパソコン等に使用されていたが、処理能力が向上した現在ではアウトラインフォントが使用される事が多い。→アウトラインフォント





フォント(ふぉんと)


パソコンの画面上で文字の表示・印刷を行う場合などの文字の形状・種類のこと。また、書籍組版やデザイン用途等に応じて使用される様々な書体そのものを指す言葉でもある。パソコン等で使用されるデジタル化されたフォントは一般的にビットマップフォントとアウトラインフォントの2種類に分かれている。




ブランケット(ぶらんけっと)


印刷に使用する刷版から紙へインキを転写するためのゴム樹脂製のロールのこと。




プリプレス(ぷりぷれす)


原稿から組版をして印刷用の刷版を作成するまでの一連の工程のこと。現在はパソコンによるデジタル方式のDTP文字組版から、直接刷版を出力するCTP方式が主流となっている。




プリフライト(ぷりふらいと)


印刷・DTPでの作業におけるプリフライトとは、完成したデータの内容をチェックすることを指す。AdobeのInDesignやAcrobatなどのソフトにはプリフライトの機能がついており、フォントや画像のリンク情報、カラー情報などの詳細を事前に確認し、問題がなければ最終的な出力を行う。語源は、飛行機の離陸前のフライトチェックの事で、安全チェックを行うという意味。




プルーフ(ぷるーふ)


色校正を行う時に使用する印刷見本のこと。校正刷りとも言う。近年ではフィルム等の中間素材を作成せずに、高性能プリンターでデータを出力するデジタルプルーフが中心になってきている。




プレーン・テキスト(ぷれーん・てきすと)


プレーン・テキストとはファイルの中に、レイアウトや装飾情報を含まない純粋な文字だけで作成されたテキストファイルのこと。




プロセスインキ(ぷろせすいんき)


カラー印刷をする場合に必要なシアン(C)マゼンタ(M)イエロー(Y)ブラック(K)の4色のインクのこと。→特色インキ





ベクターデータ(べくたーでーた)


ベクターデータとは、点の座標とそれを結ぶ線などの様々な描画情報をもとにした演算により画像を表現するデータ形式のこと。ドローデータとも呼ばれる。イラストや図面などを作成する場合に適している。




別丁(べっちょう)


本文の折丁と組み合わせる、本扉や口絵などの別刷をしたものの総称。





本掛け(ほんがけ)


書籍などの印刷において、表版と裏版それぞれの刷版を使用して一枚の用紙に印刷する場合に、表裏の頁順が揃うように面付けする方法のこと。一般的に本掛けと呼ばれる16ページの折丁の場合は、表8ページ、裏8ページの両面組み合わせで16ページとなる。





枚葉印刷機(まいよういんさつき)


規定寸法に断裁された用紙を、一枚ずつ印刷する印刷機のこと。紙の種類やサイズ、一度に刷れる色数など、多様な需要に応えられる。




前付け(まえづけ)


書籍の本文ページの前に入る、扉・口絵・目次ページなどのこと。→後付け




丸背(まるぜ)


上製本の背の部分の製本様式のこと。背の部分に丸みをつけて加工されたもの。





見返し(みかえし)


本の表紙と中身(本文)を接着して補強するため、表紙の内側に貼付ける紙のこと。中身を保護し耐久性を保つ目的で付けられる。




見開き(みひらき)


書籍や雑誌等を開いて左右2ページにまたがり紙面が並んでいる状態のこと。




見出し(みだし)


本文の表題(タイトル)のこと。本文より大きい文字にして強調する。文章の構成に応じて、大見出し、中見出し、小見出しなどに分類される。





無線綴じ(むせんとじ)


本の中身を丁合した後に背を断裁し、その切断面に切り込みを入れて接着剤で固めて綴じる方法。





面付け(めんつけ)


製本時の折丁のページが正しく順番に並ぶように、製本仕様を考慮してページを配置する作業のこと。従来は手作業で行われていたが、現在ではパソコン等の自動面付けソフトを使用して作業をすることが中心となっている。





モアレ(もあれ)


規則正しく並んだ網点等が重なり合った時に発生する縞模様のこと。モアレは「波紋」を表すフランス語の「モワール」が元になっている。




モノクロ2階調(ものくろにかいちょう)


色の情報を含まない、白と黒のみの単色で表現される階調(2値)のこと。→グレースケール





約物(やくもの)


句読点・括弧・パーレン・コロン・単位等の記号類の総称。一部のマーク(例:㈱)なども約物の一種に含まれる。句読点や括弧等は、行頭や行末のいわゆる「禁則処理」の対象に含まれる。





用紙サイズ(ようしさいず)


JIS規格に基づいたA列とB列の仕上りサイズに断裁された紙のこと。このA列とB列それぞれにA1、A2、A3など番号がふられており、紙の仕上がりサイズは1枚の大きい用紙から多くのページを切りとれるように決められている。印刷で使用されるものにはA列とB列の他に、四六判・菊判・ハトロン判などがある。




横目(よこめ)


断裁された紙の短い辺に対して、平行に紙の目が流れている用紙のこと。これを横目と言い、Y目やヨコ目と表記される。




横組み(よこぐみ)


文字を横方向に並べる組版、またはその版面のこと。文字は左上から右下方向に流れるように配置される。主に欧文で使用されるが、日本語組版でも多く使われている。→縦組み





乱丁(らんちょう)


折丁が順番通りに揃わずに製本されたもののこと。




落丁(らくちょう)


折丁の一部が脱落した状態で製本されること。





リッチ・テキスト・フォーマット(りっち・てきすと・ふぉーまっと)


リッチ・テキスト・フォーマットとは、Microsoftによって作られた文書ファイル形式で、文字に関する書式情報(色や大きさ書体など)が組込まれたテキストファイルのこと。簡単な図表なども埋め込む事ができる。




リング綴じ(りんぐとじ)


穴をあけたノド側の部分に螺旋状の針金を通して製本する方法のこと。ノートやスケッチブック、カレンダーなどがこの方法で製本されている。




輪転印刷機(りんてんいんさつき)


巻き取られたロール紙を使用して印刷する印刷機のこと。印刷機上で用紙の折りと断裁が可能なのが特徴で、主に新聞や大量部数を発行する雑誌の印刷等に使われる。





ルビ(るび)


読みづらい漢字の横に付ける振り仮名のこと。これらの処理をすることを「ルビを振る」という。ルビの振り方には様々な種類があり、通常の文字別に振る「モノルビ」や長い単語や当て字に均等に振る「グループルビ」などがある。





連・連量(れん・れんりょう)


連とは紙の枚数を表す単位のこと。規定の寸法に加工された紙1,000枚を1連と呼び、紙を取引する上での基準となる単位。この1連(紙1,000枚)の重さを連量と呼び、単位はキログラムで表示される。





A

Acrobat(あくろばっと)


AcrobatとはAdobe Systems社が提供しているPDFファイルの作成や閲覧を行うためのソフトウェアのこと。PDFファイルの作成や編集機能などが入っており、ファイルを暗号化して閲覧者が使用する機能を制限することも可能。主にインターネット上で閲覧・配信する電子文書の作成等で広く使われており、印刷の分野でもPDF入稿のデータを扱う時に使用する。→PDF





C

CMYK(しーえむわいけー)


色の三原色となるシアン(Cyan)マゼンタ(Magenta)イエロー(Yellow)と、ブラック(Key plate)の4色を混ぜた割合で表現される、色の表現方法のこと。色を混ぜる程暗くなっていく(黒に近づく)ため減法混色と呼ばれている。印刷においてCMYの三色だけでは黒を綺麗に表現しきれないため、黒色(K)のインキを足してフルカラー印刷を行う。→RGB




CTP(しーてぃーぴー)


CTPとはComputer To Plateの略で、パソコン上で作成された校了データを、プレートセッターと呼ばれる出力機を通して、直接プレートに露光して印刷用の版を出力するしくみのこと。製版フィルムを使用しないため、コストの削減と品質を向上させることが可能になった。




CIDフォント(しーあいでぃーふぉんと)


アドビが開発したフォント形式のこと。従来普及していたOCFフォント形式より構造が簡易で高速に処理でき、より多くの言語や字形を扱うことができる。OpenTypeフォントが普及するまで、DTPの現場で主要なフォントとして使用されていた。 →PostScriptフォント





D

DDCP(でぃーでぃーしーぴー)


DDCPとは「ダイレクト・デジタル・カラー・プルーフィング」の略。色校正を校正専用機で刷らずに、DTPなどで作成したデジタルデータを専用紙にカラー出力するシステムのこと。印刷物のような網点を表現できる機能や、インキ色に近づける調整機能があり通常の色校正に近いものを再現することができる。





E

EPS(いーぴーえす)


EPSとはEncapsulated PostScriptの略で、PostScriptがベースになっている画像ファイル形式の一つ。ビットマップデータとベクターデータを含むことが可能で、DTPソフトウェア等へ張り付けたり、PostScript対応のプリンタで出力ができる。





I

Illustrator(いらすとれーたー)


IllustratorとはAdobe Systems社が販売しているイラストやロゴなどを作成するためのソフトウェアのこと。主にベクターデータを編集するためのものだが、ドキュメント上にPhotoshop等で編集したビットマップデータを貼付けたりすることも可能で、ポスターやチラシのレイアウトを行う用途などでも使われる。→ベクターデータ




InDesign(いんでざいん)


InDesignとはAdobe Systems社が販売しているページレイアウトソフトのこと。主に書籍や雑誌、パンフレットなどの組版・レイアウト作業を行うために使われる。PhotoshopやIllustratorとのスムーズな連携や組版に関する文書処理機能が充実しており、DTP分野の作業において広く使用されている。





J

JPEG(じぇいぺぐ)


JPEGとはJoint Photographic Experts Groupの略で、静止画像ファイル形式の一つ。また、圧縮方式の一つを表す言葉でもある。JPEG画像は保存を行う時に圧縮率を設定することが可能で、ファイルサイズを大幅に小さくすることができる。





O

OCFフォント(おーしーえふふぉんと)


初めて世の中に出た日本語のPostScriptフォント形式のこと。MacOS9で使用できるPostScriptフォントとして普及したが、MacOSXへの移行で使用が出来なくなった事や、後継となるCIDフォントやOpenTypeフォントの登場により、使用されるケースは少なくなってきている。 →PostScriptフォント




OpenTypeフォント(おーぷんたいぷふぉんと)


マイクロソフトとアドビが開発したフォント形式のこと。Mac・Windowsを問わず使用でき、従来は別途プリンタ側に高解像フォントが必要だったものが不要となるなど、過去のフォント形式の問題点が改善されている。現在DTPで最も主流なフォントとして使用されている。 →PostScriptフォント





P

PDF(ぴーでぃーえふ)


PDFとはPortable Document Formatの略で、パソコンの機種や環境に依存せずに、作成した文書のイメージを、ほぼイメージ通りのまま閲覧したり印刷が出来るようにするための変換フォーマットのこと。




PostScript(ぽすとすくりぷと)


PostScriptとは、Adobe Systems社が開発したページ記述言語のこと。PostScriptの記述ルールに沿って、文字のサイズや画像のレイアウト情報等が出力機で理解できるように記述される。このデータをRIP搭載のPostScriptプリンタで出力すると、出力機に依存せずに同じ出力結果を得られるという特徴がある。




PostScriptフォント(ぽすとすくりぷとふぉんと)


アドビが開発した「PostScript」ページ記述言語で表されるフォント形式のこと。滑らかで高品質な印刷結果が得られるため、MacでのDTPの伸張とともに印刷・出版業界に普及した。「OCFフォント」「CIDフォント」「OpenTypeフォント」もPostScriptフォントの一種である。




Photoshop(ふぉとしょっぷ)


PhotoshopとはAdobe Systems社が販売しているフォトレタッチソフトのこと。主にビットマップデータの写真画像などを補正・加工処理をする用途で使用する。DTPやデザインなど多くの分野で使われている。→ビットマップデータ





R

RIP(りっぷ)


RIPとは、Raster Image Processorの略で、PostScriptデータを出力するために、プリンタやイメージセッタ等の出力機の解像度に合わせてビットマップデータに変換・転送を行うソフトウェアやハードウェアのこと。




RGB(あーるじーびー)


光の三原色となる赤(Red)緑(Green)青(Blue)の三色を混ぜた割合で表現される、色の表現方法のこと。色を混ぜる程明るくなっていく(白に近づく)ため加法混色と呼ばれている。テレビやPCなどのディスプレイやデジタルカメラの写真画像などはRGBで表現される。→CMYK





T

TIFF(てぃふ)


TIFFとは、Tagged Image File Format の略で、静止画像ファイル形式の一つ。画像データにタグと呼ばれる属性情報が記録され、これにより色々なビットマップ画像を扱うことができる。多くのグラフィックアプリケーションが対応しており、ビットマップ画像形式として汎用性が高い。




TrueTypeフォント(とぅるーたいぷふぉんと)


マイクロソフトとアップルが開発したフォント形式のこと。Windowsのシステムフォントとして採用され、広く普及している。ただし、同じTrueTypeであってもWindows用とMac用に互換性がないなど、DTPでの使用には一定の制約があるが、近年では解消されつつある。