沿革

1921(大正10)年

5月:東京市牛込区柳町において初代田中末吉が「理想社組版所」を創業。

 

1923(大正12)年

関東大震災に罹災。激震の中、文選ケースなどの転倒防止に努力し、最小限の被害に抑え、いち早く業務再開をはたす。急増する需要に対し、従来顧客を第一としたことで、その後の信頼に大きく寄与した。

 

1928(昭和3)年

東京市牛込区山吹町に移転。印刷部門を設け「理想社印刷所」と改称。

 

 

 

1933(昭和8)年

牛込区改代町の工場を買収、現在地に移転。

 

1942(昭和17)年

戦時体制のため企業合同が必要となる。2社を吸収「大和印刷所」として世田谷区祖師谷に疎開。

 

1948(昭和23)年

戦災後、現在地に戻り株式会社理想社印刷所を設立。

 

1958(昭和33)年

社屋を鉄筋コンクリート造りに改築。鋳造機9台、印刷機8台を増設。

 

1959(昭和34)年

3月:創業者田中末吉死去。二代目代表取締役に田中昭三就任。

 

1969(昭和44)年

社屋を鉄筋コンクリート造り4階建に改築。社内諸設備を改善、新鋭全自動印刷機5台、自動文選植字機2台設置。

 

1970(昭和45)年

協業組合東京ジェーピー設立に資本参加。電算写植機FACOMにより漢字情報処理分野に進出。

 

1971(昭和46)年

創業50年に当たり、資本金増資。両面枚葉凸版輪転機、折機、モノタイプ機を設置し全社的合理化を実施。

 

1979(昭和54)年

両面枚葉凸版輪転機増設。新鋭全自動印刷機2台を更新し合理化を更に推進。

1981(昭和56)年

創業60年に当たり、マイクロコンピュータによる漢字校正システムを開発、組版、赤字校正作業の合理化を図る。

 

1983(昭和58)年

四六全判オフセット印刷機を導入し、印刷部門の拡充強化を図る。

 

1985(昭和60)年

電子組版システムIPS導入。

 

1989(平成元)年

四六全判2色両面オフセット印刷機新設。

 

1990(平成2)年

モノクロスキャナ、オプチコピーカメラシステム新設。電子組版システム「トレンドエース」一式新設。

 

1992(平成4)年

4月:株式会社理想社と社名変更。

9月:二代目代表取締役田中昭三死去。現代表取締役田中宏明就任。

 

 

1998(平成10)年

トレンドエースMark IIへの転換増設。カラースキャナ、DTPシステムを導入し、組版システム、画像システムのデジタル化推進を図る。

 

2000(平成12)年

CTPシステム関連設備一式を導入し、プリプレス部門完全デジタル化を図る。

 

2005(平成17)年

四六全判2色両面オフセット印刷機更新。

 

2008(平成20)年

カラースキャナ2台増設し、アナログ製版からの移行、カラー製版への強化を図ると共に、CTPシステム関連設備一式更新。

 

2010(平成22)年

1月:理想社ホームページを開設。

2011(平成23)年

10月:創業90周年を迎え、10月20日に記念式典を開催。

 

2012(平成24)年

1月:オンデマンド印刷機を2台導入。

2014(平成26)年

3月:大判フィルム用モノクロスキャナを導入。

2019(平成31・令和元)年

12月:オンデマンド印刷機(カラー)を1台更新。