データ入稿について

お客様のデータは、安全かつ正確にお取り扱いいたします。データを入稿される際の注意点を簡単にまとめましたので、ご参照ください。「よくある質問(Q&A)」にも詳細を掲載しております。併せてご覧ください。

 
完全データの注意点

完全データとは、印刷用に作成されたデータのことで、当社にて修正などを行わず、そのままの状態で印刷が可能なデータのことです。※入稿されたデータに不備が発見された場合、お客様に修正していただいてからの再入稿となりますのでご了承ください。

■PDF

・表紙、カバー等を除く本体頁は、単頁での入稿を推奨しています。

・塗り足しがある場合は裁ち落としを含んだデータでの入稿をお願いいたします。

・PDF/X-1aまたはPDF/X4準拠のPDF形式にて書き出してください。

・フォントはすべて埋め込み処理をしてください。

・RGBのデータが含まれていないか確認してください。

・セキュリティロックは設定しないでください(「PDFデータ作成手引き」参照)。

■InDesign

・InDesignデータ支給の場合は、パッケージ(欧文フォントやリンク画像が添付された状態)されたデータでの入稿をお願いいたします。

・SING外字機能は使用しないでください。

■全アプリケーション共通注意点

・ファイル名に「禁止文字」を使用しないでください。

 例:(? [ ] / \\ = + < > ; : ” , | *)

・出力ファイルと配置ファイルは、同じフォルダ内に入れてください。

・ファイルやフォルダ名は、わかりやすく表記して下さい ※長すぎる文字数は、エラーになります

■配置データについて

画像(図版)等の配置ファイルが、リンクされているか確認してください。

・解像度は充分か確認してください(「画像データの注意点」参照)。

・1色刷のデータで、CMYKの値を持つ画像は、使用する版のみのデータとしてください。

■フォントについて

Windows/Mac固有のフォントは対応しておりませんので、使用しないでください。

■カラーについて

CMYKカラー、またはグレースケールで作成してください(画像データ作成手引き「色の表現」参照)。

■その他

・データの仕上がりのサイズと、印刷物の仕上がりのサイズは同じ設定にしてください。塗り足しを必要とする場合は、3ミリ以上の設定をお願いします(画像データ作成手引き「トンボ(仕上がり線)と塗り足し」参照)。

・罫線は、0.1ポイント以上を使用してください。それ以下の極細な線は、印刷されない可能性があります。

 
テキストデータの注意点

■入稿メディアについて

入稿されるメディア(FD・CD・USBメモリ)には、原稿と一致しているデータを保存してください。古いデータや原稿と無関係のものを残して保存しないようお願いします。

■プリント(原稿)について

データは、お客様のパソコン環境で出力された同一内容のプリント原稿と併せて入稿してください。データと原稿が一致していない場合は、データを優先として対応させていただくこともあります。

■外来語・異体字について

外国語(ハングル・繁体字・簡体字など)や古文に使用する異体字など特別な書体や文字を使用している場合は、事前にお知らせください。

(例:『今昔文字鏡』のような外字ソフトなど)

■バックアップについて

安全のため、入稿されるデータはあらかじめお客様ご自身でバックアップをお取りください。

■その他

Officeや一太郎のような一般的なもの以外の特別なソフトを使用して作成されたデータをご入稿する場合は、使用したソフト名(バージョンを含む)をお知らせください。

 
画像(図版)データの注意点

■Adobe Photoshop・Illustratorデータの場合

画像の大きさは、掲載時の原寸(実際)サイズを推奨しています。その際に必要な画像解像度は、以下を参照してください(画像データ作成手引き「解像度」)。

・データはネイティブデータ(psdやaiデータ)での入稿を推奨しています。※Illustratorデータの場合、保存時のオプション「PDF互換ファイルを作成」にチェックを入れてください。

Illustratorデータにて特殊なフォントを使用している場合は、フォントをアウトライン化してください。※当社で対応していないフォントが使用されていると、違うフォントに置き換えられてしまいトラブルの原因となります。

・リンクや埋め込み画像は、グレースケール(色版の場合はCMYK)に変換してください。このような画像が複数ある場合は、必要な画像の情報を別紙にて指定し、配置している画像をすべて添付してください。

・アピアランスを使用される場合、分割拡張して保存してください。分割拡張を行わない場合、意図した仕上がりにならない場合があります。

 
画像データ作成手引き

■色の表現

カラー印刷では、一般的にCMYKの4色のインキを用いて色を表現します。そのため、印刷するデータは基本的にCMYKで作成します。デジタルカメラやMS office等の未編集データは、モニター画面に表示するRGB形式で色を表現しています。このようなデータを印刷用のデータとするには、CMYKへの変換が必要です。この変換過程で、表現方法の違いによる色の差違が発生します。色違いによるトラブル防止のためにも、CMYKデータに変換してからの入稿をお願いします。

■トンボ(仕上がり線)と塗り足し

書籍などの印刷物は実際の仕上がりサイズに断裁するために、『トンボ』と呼ばれる目印をつけて印刷します。 塗り足しとは仕上がりのサイズよりも外側にある、断裁される部分のことです。写真や図版をページの端いっぱいまで印刷したい場合は、実際の仕上がりサイズよりも外側に3ミリ程度の大きさをとって作成します。このように塗り足し(裁ち落とし)のあるデータは、仕上がりのサイズよりも上下左右にはみだす形になります。

■モアレ

網目模様(格子柄)などを撮影した場合に発生するまだら模様をモアレ(干渉縞)といいます。写真等は印刷時に網点と呼ばれる丸い点を配列して階調を表現します。網点化されている印刷物を元にデータを作成し印刷を行うと、上記のようなモアレが発生することがあります。 印刷物を素材としたスキャニング作業をご依頼の場合は、モアレの除去作業を承りますが、モアレの状態によっては除去できない場合もございますので、ご了承ください。

■解像度

画像の密度のことを「解像度」といいます。 「画像解像度」とは、その画像がどのくらいの密度(ピクセル)で構成されているかを表す数字のことです。 1インチの中に、いくつのピクセル(ドット)が並んでいるのかを表しており、1インチあたりのピクセルの数が多いほど、高精細な画像になります。 印刷に適した推奨解像度は、以下のようになります。
・モノクロ2階調:1200dpi 以上
・ハイライト:1200dpi 以上
・カラー、グレースケール:350dpi 以上

■フォント

データの編集が必要な場合はフォントのアウトライン化はせず、フォント情報が含まれたネイティブデータでの入稿をお願いします。特殊フォントをご使用の場合は、事前にお問い合わせください。 完全データ入稿の場合は、アウトライン化済みデータ、もしくはフォント埋め込み済みのPDF形式での入稿でお願いします。このようなデータは当社での編集は出来かねますのでご注意ください。 その他、フォントに関してのご不明点は、お問い合わせください。

画像の配置・リンクと埋め込み(Adobe Illustratorにて

Adobe Illustratorで作成するドキュメントへの画像の配置は、リンクと埋め込みの二種類の方法で行います。リンクは画像データの保存場所から画像情報を参照し、ドキュメント内で表示する方法です。変更があった場合に画像データを修正すれば、配置したデータにも同じ結果が反映されます。ただしリンクは、画像データの移動や削除などにより情報を参照できなくなると、配置画像が表示されずにトラブルとなる可能性があります。データを入稿される場合は配置している画像データを全て添付し、不要なファイルを残したりしないよう、使用している画像を明確にしてください。
 
埋め込みはドキュメント内に画像データを直接埋め込む方法です。埋め込みは全ての画像を含んだ一つのドキュメントとなるため、配置画像のリンク切れのない作成方法となりますが、一度埋め込むと配置画像の修正はできませんのでご注意ください。